読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうリアル店舗を持つ時代ではない

商売するのも大変

もう、今更リアル店舗を持つのって時代錯誤な感じがする。

 

飲食店以外の話だけど。

 

まあ、飲食店は 【道楽】 程度じゃなきゃ絶対にやらないね。

 

大変な割に儲からないし。

 

クレーム多いし。

 

 

今の日本人の客って、扱い難しい~し。

 

なぜ、こんな感じになってしまったのか・・・

 

嘆かわしい。

 

みんな、【お客様根性】が凄すぎる。

 

たいしてお金も払わないくせに。

 

面倒臭い。

 

飲食店だけは、田舎で道楽的にやるに限る。

 

全部ロボットがやってくれる飲食店ならやりたいね。

 

従業員は全部ロボット。

 

さすがにロボットに切れるお客さんはいないでしょう~。

 

まあ、そのうち出てくるとは思うけど。

 

「ロボットのくせに生意気なんだよ!」

 

とかいう人、絶対出てくるよねー。

 

でも、ロボットには基本的に感情はないので大丈夫。

 

傷付かないでしょう~。

 

ロボットに感情はプログラミングしないで欲しいなー。

 

そっちのほうが、ロボットも幸せでしょー。

 

感情ってかなり厄介だからね。

 

飲食店以外なら・・・

洋服屋、雑貨屋、八百屋、等々。

 

モノを売る為に今はお店は必要無い。

 

生モノだって、上手くネットを活用すれば売れる。

 

店舗を構える意味ってほとんど無くなってきている様な・・・

 

まあ、食べ物は気軽に買えるリアル店舗のほうが良いが

 

後、10年もすれば定期的に食べ物が届く仕組みが出来上がっている様な気もするし。

 

 

あと、洋服屋なんてリアル店舗必要かな~?

 

ブランディングの為なら必要かもしれないけど。

 

その他の特にブランド推ししていない洋服類ならネットで十分。

 

お洒落の定義も進化してきているし。

 

今って、バリバリにお洒落をキメこんでいる人のほうが

 

逆にダサく見えてしまう時代だったり。

 

 

 
 
広告を非表示にする